人気のヘアカラー

ヘアカラーの人気もシックな感じなものに

以前はカラーリングといえば、「茶髪」「金髪」といった、黒髪の逆を行くような感じの色合いのものが人気で、どちらかというと、「赤みを帯びた、オレンジ系の明るいカラー」が人気でしたよね。
この色合いが人気だったのは、日本人の髪はほんとに「黒髪」なので、「重たく見えてしまう」「アレンジしても陰影が出にくい」といったことから、「ライトなニュアンスにしたい」「ふんわり軽く見せたい」ということで人気になっていたようです。

でも最近髪色を「黒髪に戻す」人も増えたり、「カラーリングそのものをしない」人も増加傾向。
そんなことからカラーリングの人気も「アッシュ系」「ベージュ系」などあまり目立ちにくい色合いにシフトしているようですね。

全体を染めずにポイントだけに

黒髪回帰の傾向が強くなっていることもありますが、それでもやはり「何もしない黒髪だと重たく感じる」ということから、「ポイントだけさりげなくアッシュを入れる」などグラデーションを楽しむかたも増えています。
黒髪とのさりげないコントラストとして合う「ピンクアッシュ」などをところどころに入れることなどで、陰影を出すことができたりするので、「いかにも染めてます」という感じがちょっと…というかたにはおススメですね。

黒髪のようで自然な「チョコベリー」

ヘアカラーの今年の流行の傾向はやっぱり「さりげない感じ」「黒髪をベースに」といったところなので、そのような雰囲気にぴったりなカラーが「チョコベリー」ですね。
「チョコベリー」はぱっと見た感じは黒髪のニュアンスなのですが、光が当たるとやや茶色に映ったり、赤みを帯びたようなニュアンスになるので、重たくなりがちな真っ黒の髪をさりげなくアレンジするのにぴったりです。
またこのカラーの場合、髪が多少傷んでいても傷んでいるように見えないのもイイ感じですよ。

ダークアッシュならごく視線で上品

以前のヘアカラーの印象は、髪色を変えたあとさらに色がどんどん抜けていくことから、ダメージも加わってやや品のない印象になってしまうことがありましたが、最近のアッシュ系のヘアカラーの場合、いかにも染めている、という感じにならないのでおススメです。
特に「ダークアッシュ」など、さりげなく黒さを和らげる程度の色合いなら、髪を赤く見せるニュアンスにならないのでとっても上品な仕上がりに。

ヘアスタイルもごく普通のボブスタイルなどにして、このダークアッシュでカラーリングすれば上品でありながら、あかぬけた印象にすることができますよ。
自分に合う色が分からない人は、美容師さんに相談してみてくださいね。
最近の美容師さんはカラーリストなる、おすすめのカラーやその人に合った色を提案してくれるような、スペシャリストが在籍する店舗もありますので、自分に合ったカラーやスタイルが見つけられると思います。