美容師を目指した理由

私は現在美容師を目指しているので、美容師アシスタントの仕事をしています。
美容師を目指している方はたくさんいますが、その理由は人それぞれだと思います。
美容師を目指す方というのは、美容師という職業に対して夢を抱いているので目指すということがほとんどでしょう。

しかし、美容師という夢を持ったきっかけや理由はそれぞれ異なっています。
私がどうして美容師を目指すことになったのかそれを紹介しましょう。

私は小さい頃から美容院に通って髪を切ってもらっていました。
小学生の低学年ぐらいではあまり美容院ということを意識することはありませんでしたが、高学年になると自分は今美容師という人から髪を切ってもらっているということを理解するようになりました。

美容院は定期的に通っていたので、私にとって身近な職業というのは学校の先生を除けば美容師さんでした。
中学生になっても当然美容院には通い続けていたので、美容師さんにはどんどん親近感を湧くようになりました。
美容院という空間はとても好きな空間の一つです。

そこで、座っているだけで、美容師さんが私の髪の毛をカットして、キレイにしてくれます。
自分がまるで別の生き物に変わってしまうかのような錯覚に陥りそうな気がするぐらい特殊な空間だと思います。
鏡を見ていると、ものすごく器用な手つきで次々と私の髪をカットしていく美容師さんはとてもかっこ良く見えました。

そういう姿を見ていると素直に尊敬をすることができました。
思春期の頃というのは、なかなか他人を認めることができない時期だと思いますが、私は美容師さんという職業にかなり強い尊敬の念を抱いていたのです。

美容師さんというのは表面的には笑顔で明るく楽しそうに話していますが、心の中では目の前にいるお客さんの髪の毛を切るということに神経を研ぎ澄ましているというのが伝わりました。
まさに職人芸といっても過言ではない仕事をしているのが美容師さんだと思います。

高校受験になると、そろそろ将来の進路について考えなければいけなくなります。
私は、なりたい職業は特にありませんでしたが、尊敬をしている職業としては一番最初に出てくるのはやはり美容師でした。
そんな私が美容師を目指すことになったのはある意味自然なことだと思います。

何か言葉に還元できるような明確な理由があったわけではありませんが、そもそも理由というのはそういったものだと思います。
何となく心の中に強く残っているものが後々に自分の進路を決めることになるのだと思います。
私の場合はそれが美容師だったのです。

これから美容師を目指そうと考えている方は、最初のきっかけは些細なもので構わないと思います。
アシスタントは大変な仕事ですが、その先にある美容師になるために頑張ります。