美容師アシスタントの仕事

私は今都内の美容院で美容師のアシスタントの仕事をしています。

美容師のアシスタントは一体どのような仕事をしているのか気になる方もいると思います。

この業界で働いている方ならともかく、
全く関係の無い業界にいる方は美容師の仕事の内容などもよく知らないことが多いでしょう。

そこで、ここでは実際に美容師のアシスタントがどのような仕事をしているのかそれを紹介したいと思います。

これから美容師を目指す方には参考になる情報だと思います。

まず、朝は掃除をします。
美容院の中は常にキレイに保たれている必要があるのです。

誰だって汚いところで自分の髪をいじってもらいたいとは思わないです。

掃除の時は、鏡をキレイに拭いたり、ホコリなどをきれいサッパリ取り除きます。

鏡というのはお客様の姿を映すことになる大切なものなのです。

鏡がキレイであるということは最低条件の一つだと思います。

掃除の後には朝礼が行われます。

朝礼では、様々な情報を交換するための時間が設けられています。

また、その日の業務の流れについての確認作業も朝礼の時に行われます。

そして、お店の開店時間になれば、
いよいよ開店することになります。

その日の仕事が始まることになる大事な時間です。

お客様は次々と来店してきます。

そのたびに明るく元気な接客を心がけるように気をつけています。

実際に営業中の間は美容師のアシスタントとして色々な仕事をする必要があります。

準備や後片付けはもちろんのこと、
タオルのお洗濯なども行います。

そして、できるだけ店内をキレイな状態に保つための努力も行なっています。

また、美容師さんが仕事をしやすいような環境を整えることも大切なことです。

その日の閉店時間になると閉店のための作業に入ります。
閉店した後にもやるべきことは色々とあります。

まずは後片付けです。
店内をキレイに掃除する必要があります。

その日の汚れはできるだけその日のうちにキレイに片付けておく必要があります。

その方が次の日になっても、気持ちよく仕事に移ることができます。

閉店した後は、終礼が行われます。

終礼ではその日に報告をしなければいけないことを報告したり、
反省を行ったりします。

良いことも悪いこともなるべくみんなで共有するようにします。

これによって、美容院で働いているスタッフの結束を高めることになります。

その後は練習会があります。

自分のスキルを上げるために自分で納得をするまで練習を繰り返します。

以上が美容師アシスタントとしての仕事の内容となります。