毎日練習しています

美容師になるためにはお客様を満足させることができるようなスキルが必要となります。

技術が全てを決めることになるといっても過言では無いほど重要なことなのです。

お客様が何を求めているのかを理解して、
それを実現させるためには髪の毛を切るスキルが必要となります。

カットをするための能力というのは何もしなくて自然に身につくものではありません。

必ず練習をすることが必要となり、
それによって自分の技術を高めていくことが必要なのです。

練習をするということは、楽なことではなくて、辛いことも多いです。

自分一人で練習をするわけではなくて、
先輩から指導を受けながら技術の向上を目指していくことになります。

練習をする時はただ漠然と練習をこなしているのでは意味がありません。

どのようにして自分のスキルを高めれば良いのかを常に模索することが大切です。

そのためには、先輩から技術を盗むということも重要となります。

また、先輩から指導を受ける時に受ける言葉は全てきちんと頭の中に留めておくようにしましょう。

自分のためにわざわざ先輩が時間を使って指導をしてくれるということに感謝をしながらスキルアップをしましょう。

練習は毎日繰り返すことになります。

練習を一度でも怠ってしまうと、
それを取り返すために更に長い時間がかかってしまいます。

できるだけ自分の技術が高まるように様々な努力をするようにしましょう。

そして、練習をする時には計画的に行いましょう。

闇雲に練習を行ったとしても、
なかなか効率的に技術を上げることは難しいです。

最終的な到達目標を考えて、
そこに到達するまでにどうすれば良いのかを考える必要があります。

そして、そこに到達するまでには、
毎日どのような練習をするのかを考えて計画表を作りましょう。

計画表を作ったら一度先輩に見てもらうと良いでしょう。

そうすることによって、練習をしていても、
将来を見据えて行うことができるようになります。

将来的にどのような練習をするのかが分かっていれば、
練習にも身が入るようになります。

モチベーションを高めるためにも計画表は作成しておくことをおすすめします。

先輩からカット指導を受けていると時には厳しい言葉をかけられることもあるでしょう。

そんな時は辛い気持ちに陥ってしまうことがあるかもしれません。

しかし、諦めないで最後まで努力を続けていけば、
それは何らかの形で報われます。

私も将来の自分のために毎日練習を続けています。