1. >
  2. >
  3. 美容師アシスタントのケア

美容師アシスタントのケア

美容師アシスタントでは

世の中には様々な職業の方がいます。

それぞれの仕事には特有の悩みや辛いことがあります。
また、身体的にも色々な負担をかけることが多いです。

人間が本来生きていく上では絶対に取らないような
無理な体勢を維持しながら仕事を続けるということもよくあります。

たとえば、美容師の場合は、ずっと一日中立ったままで仕事を続けなければいけません。

これはかなり脚に負担をかけることになるので、
仕事の終わりには脚がパンパンになってしまいます。

一日中立っているというのは、
経験をしたことがある方は分かるでしょうが、かなり辛いことです。

まだ、動きまわることができるのであれば問題はないのですが、
美容師の場合は同じ場所に立っていることが多いです。

髪を切る時には、体がなるべく動かないように固定をすることが求められます。

そのため、ずっと同じ体勢を維持する必要があるので、かなり脚に負担をかけるのです。

美容師にこれからなろうと考えている方は、脚を鍛えるようにしましょう。

また、かなり脚に負担がかかるということをきちんと理解しておきましょう。

疲れを貯めないためにもしっかりとしたケアをしてあげることが大切

パンパンになってしまった脚は家に帰った後できちんとケアをしてあげる必要があります。

仕事は毎日行うことになるので、
毎日ずっと立ち続けることになります。

もちろん休日はありますが、長期の休みをもらえるわけではないので、
限られた時間で脚を良い状態に戻す必要があります。

どのようにして足のケアをするのかは人によってその方法は異なります。

マッサージを自己流でやっている方もいますし、エステなどに通う方もいるでしょう。

たとえば、ご自身にあったマッサージを選ぶなら、こういったサイトを活用すべきです。

自分に合うマッサージを検索
自分にとって一番よい方法で脚のケアをするようにしましょう。

美容師にもアシスタントにも通用します

以上のことは美容師にも美容師アシスタントにも共通しています。

脚以外にも美容師の仕事でケアが必要なところがあります。

それは手です。

美容師アシスタントの場合はお客様にシャンプーをすることになります。

それも一人ではなくて、一日に何回もシャンプーをすることになるのです。

そのため、シャンプーによって手が荒れることになります。

そのことは覚悟をしておきましょう。

手のケアをするためには色々な方法があります。

元々手が荒れやすい方は特に対策を練っておく必要があります。

手が荒れないようにしましょう。

また手のケアはできるだけ毎日行うようにしましょう。

一度荒れてしまうと、どんどんそれが酷くなってしまうことになります。

取り返しの付かないような状態になる前に何とかするようにしましょう。